Mutsumi Hatano

はたの
    

波多野 睦美[メゾ・ソプラノ]

波多野睦美(メゾソプラノ) プロフィール

 宮崎大学卒業後、英国ロンドンのトリニティ音楽大学声楽専攻科修了。シェイクスピア時代のイギリスのリュートソングでデビュー。その魅力と新たな可能性を示して話題を呼び、英国の専門誌でも高く評価される。以来レパートリー、活躍の場を広げ、国内外での多くのコンサート、音楽祭に出演して独自の存在感を放つ。
 バッハ「マタイ受難曲」、ヘンデル「メサイア」などの宗教作品、オラトリオのソリストとして寺神戸亮、鈴木雅明、C.ホグウッド指揮他の多くのバロックオーケストラと共演。オペラではモンテヴェルディ「ポッペアの戴冠」皇后オッターヴィア、パーセル「ダイドーとエネアス」女王ダイドー、モーツァルト「イドメネオ」王子イダマンテなどを演じ、深い表現力で注目される。
 現代音楽の分野では、間宮芳生作品のアメリカでの世界初演、オペラ「ポポイ」、サイトウキネン武満徹メモリアル、水戸芸術館「高橋悠治の肖像」、サントリーホール「作曲家の個展2013権代敦彦」、サマーフェスティヴァル2016「ジャック・ボディ/死と欲望の歌とダンス」他に出演し、広い世代の作曲家から厚い信頼を得ている。
 また「歌曲の変容」と題したシリーズを2005年から王子ホールで続け、古楽から現代にいたる独自の歌曲プログラムを開拓。
 放送では「NHKニューイヤーオペラコンサート」「名曲アルバム」「BSクラシック倶楽部」「日本の叙情歌」「題名のない音楽会」等に出演。
 古楽器との共演による「イタリア歌曲集」(レコード芸術特選盤)、高橋悠治(作曲家/ピアノ)との「猫の歌」「風ぐるま」他、CD多数。最新作はシューベルト「冬の旅」

 

《CD評より》

『悲しみよ、とどまれ』

◆この1枚のCDに感心するのは、歌にもリュートにも不思議なほど迷いがない点である。それはほとんど直感的に本質を  会得した、音の立ち上がりから引き際までの自然さに感じられる。メロディの運びも歌詞の取り方も完全に自分のものに して、後にも先にもない自分のダウランドをこのように歌うのは立派だと思う。(音楽評論家 服部幸三氏)

◆音楽的にも技術的にも深い感動を呼ぶ、ダウランド演奏における重要な1枚。
(中世音楽アンサンブル「セクエンツィア」 B.バグビー氏)

◆声そのものにしみこんでいる人肌の湿り気、しっとりした温かみ。ダウランドならではの典雅な物憂さが耳から魂に伝わ ってくる1600年頃に作られたイギリスの愛の歌の、この繊細と倦怠の極みが、日本人の声によってかくも見事に表現さ れるということがど うして可能なのだろう。

◆朗々たるイタリア風の美声の逆を行く声の質。私の耳には完璧に聞こえる英語の発音。そこには波多野さんの天賦の才と 厳しい修練があるにちがいない。(英文学者 高橋康也氏)

『サリー・ガーデン』

波多野睦美の歌は、しみじみと聞き手の心に語りかけるものを持っている。歌詞の中にある思いが、歌声の余韻の中に感 じられるが,決して無理をしない柔らかい声の使い方が情感の潤いを伝えるのだ。幾度も繰り返して聴きたくなるCDだ。
(音楽評論家 服部幸三氏)

大切な親しさと懐かしさと重さとを私たちにもたらしてくれる。(音楽評論家 皆川達夫氏)

『古 歌』

◆波多野のほどよく情念の溶け込んだ透明で潤いのある声は歌い始めから歌い結びまで途切れることのない緊張感をはらみ ながらしかも自由に息づいている。その背後に自分の母国語で書かれたのではない歌をわがものにする真摯な努力がある ことをみおとしてはならないだろう。それを支える角田のリュートにも、さりげなさと厳しく細やかな神経が同居してい て、二人が作り上げるのは瑠璃の器のような音の世界だ。 (音楽評論家 服部幸三氏)

『オフィーリアの歌』

◆波多野さんの歌声はいつもながら透明かつ明晰なもの。過度な表情を抑制しつつ、しかも訴えはつよい。短い曲にもそれ ぞれ味わいがあり、一方、暗い海を泳ぎわたってくる恋人リアンダーの安否を気づかう《ヒーローの嘆きの歌》がほぼ十 分ちかくも要する感動的な絶唱。つのださんとの呼吸も完全にあって、こよない楽興の時をあたえてくれる。
(音楽評論家 皆川達夫氏)

◆波多野の声にはしっとりとした湿度とほんのりとした温かみがあり、安定した技術に加えて、その歌唱には歌い手の魅力 的な人柄を感じさせる。 (音楽評論家 那須田務氏)

『A Renaissance Portrait』

◆このCDは、一台のリュート伴奏だけで歌手がいかに豊かに自己を表現することができるかということを示す優れた作品 である。私は強くこのCDを推薦します。(英国音楽誌編集者 クリフォード・バートレット)

『イスパニアの歌』

◆このCDには“いつの世にも変わらぬ”人間の真情を、歌手と器楽奏者であるとともに、“真ごころ”の持ち主でもある二
人が、自分の心身に深く感じられたもの、“生きたもの”として歌に、音に、顕しているゆえの魅力が、いっぱいにこもっ
ているのである。(スペイン音楽専門家 濱田滋郎氏)

◆波多野の声はいつ聴いてもクリアでこの上なく透明感にあふれ、かつうるおいと暖かさがあり、しかもその音楽は素晴ら
しくヴィヴィッド! それを支えるつのだの伴奏とのアンサンブルも万全だ。(現代ギター 02年5月号)

『アルフォンシーナと海』

◆それぞれの歌の葉脈を流れる思いが透けて見えるような、自然体の振りかぶったところがまったくない歌唱であり、演奏である。このような静かな佇まいの、落とす影の濃いアルバムこそが、いつまでもCDプレーヤーのそばにあって、冬の夜長、もの思いに耽る聴き手の胸のうちの、淡くにじむ憧れを蘇らせてくれる。(音楽評論家 黒田恭一氏)

◆歌うものの心から聴くものの心へと、いつしか細い、眼に見えぬ糸がかけられていく。しかしその糸は強靱で切れることがない。つのだたかしの指先から流れ出る音たちのあたたかさが、クリスタルな波多野の声をそっとくるんでいく(レコード芸術 03年3月号 畑中良輔氏)

◆何と優しくてきれいな声だろう。何と静かで柔らかいギターの響きだろう。CDをトレイに乗せ、1曲目が流れ出した途端にため息が出た。(CDジャーナル 03年2月号 林田直樹氏)

『優しい森よ』

◆波多野の唇から発せられる英語の歌詞の美しさ、つのだのデリケートな感性で選び取られたリュートの音色と表現…。デュオとしてのキャリアと円熟振りが聴き取れる充実のアルバムだ。
(音楽評論家 那須田務氏)

◆歌詞の意味を汲み尽くし、歌の心を完全にわがものにした上での演奏には、迷いがない。こまやかに支えながら、さりげなく共演するつのだのリュートも掬すべき味わいだ。快いCDである。
(音楽評論家 服部幸三氏)

『涙の形』

伸びやかな女声2人の絡みが織り成す高貴な至福の香り(現代ギター 06年5月号)

タブのクリスタルのような硬質で透明な声と、波多野睦美の深奥感をもった声質の対比が、線的なからみを一層うきたたせ、立体的なひろがりをもった演奏をつくりあげている。(レコード芸術 06年5月号 美山良夫氏)

『ひとときの音楽』

◆いつまでもききつづけて、一生の宝物になるはずの珠玉の一枚である(サライ 2005年 黒田恭一氏)

『ゆめのよる』

◆波多野睦美の歌を聴いていると、生まれたままの、なんの汚れも、なんの作為も、なんの苦しみもない、純粋そのものの人間の声」が心の中に広がってくる。いつの間にか心が浄化され、夾雑物が消えていくような気がする。(レコード芸術 2009年12月号 畑中良輔氏)

『ソリチュード』

◆歌うというよりは、役者がせりふに節をつけて語っているようで、控えめの表現がかえって劇的なところがすごい。共演のリュート、ヴィオール、チェンバロも絶妙(朝日新聞 for your Collection 2010年3月 金澤正剛氏)

『ねこのうた』

◆この一枚には限りない「希望」がこめられている。(レコード芸術 2011年9月号 畑中良輔氏)

『イタリア歌曲集』

◆声楽を志すものの大古典であるイタリアバロックの名歌曲が、柔らかに息を吹き込まれ生まれ変わる。ことばのひとつひとつを慈しみ、愛でるように。
(朝日新聞 for your Collection 2015年9月 矢澤孝樹氏)

『冬の旅』

◆作曲とピアノ演奏を通じて、常に先鋭的なサウンドを構築する高橋悠治。そして、透明感と豊潤さを併せ持つ美声で、古楽から現代の作品までを歌いこなすメゾソプラノの波多野睦美。傑作歌曲集の固定概念を覆す、鮮烈な音と言葉の世界。(ぶらあぼ 2017年12月号 寺西肇氏)

 

《コンサート評より》

メランコリーの情趣が、英語で歌われているにも関わらず素敵な実感をともなって胸を打つのは、原詩が意味する深い味 わいと音楽の分かちがたい結びつきを全身で感得できる音楽家二人が、虚飾なしの自然さで「趣味よく」歌い奏でている からに他ならない。澄み切った泉のように心を潤してくれる、波多野&つのだのリュート歌曲。
(音楽評論家 佐々木節夫氏)

深い真実の情感をたたえた歌(カナダ「トロント・スター」紙)

何者からの影響も受けていない独自のスタイル(カナダ「ザ・グローブ&メイル」紙)

波多野さんとつのださんに寄せて

『シェイクスピアのソネット』(拙訳、山本容子画)の出版記念会の席で、はじめて波多野睦美・つのだたかしの音楽にふれたとき、清流のようなメゾソプラノの声と童心に帰らせてくれるリュートの音に、ぼくは心が洗われる思いがした。そして、「心のうちに音楽をもたないもの……そういう人間はけっして信用してはならない」と言ったシェイクスピアにもこれを聞かせたい、と痛切に思った。(英文学者 小田島 雄志氏)